AIによって可能になること

AIのメリット

AI特にディープラーニングといった最新のテクノロジーの進化によって、これまで分類や予測できなかった問題が高い精度で解決できるようになりました。特定の領域では人のレベルをはるかに超えるAIが生まれています。特に、AIにおける画像認識の発展は凄まじく医療、サービス、製造業と様々な業界で既に成果を上げています。

具体的なAI活用事例

  • 医療現場にて、レンゲトンから病気の発見
  • 加工製品の最終検査の自動化
  • 休職・退職者の予測
  • 購買履歴から次に購買すると思われる商品の予測
  • 手描き文字認識による、事務作業の自動化
  • 音声や表情から顧客の年齢・心情を分析し、顧客体験改善への利用

AI作成に必要なこと

AI作成に必要なものは「データ」、「アイデア」、「根気」です。ここで特に重要になるのが「アイデア」です。AI導入で成果をだしている企業の特徴として、現場にフィットした独自のアイデアでAI導入をしています。そういったアイデアは、現場とAIに対するどちらの理解も必要です。

導入後のビフォーアフター

BeforeAfter
これまで手作業により、資料等の分類を行っていた。AIが自動的に資料等の分類をし作業時間の削減、およびミス率の低下を実現しました。具体的には月に100時間以上かかっていた事務作業がほぼゼロになりました。
新人教育に今まで一年以上かかる作業があった。AIアシスタントにより、即戦力として稼働できる環境になりました。それにより、研修費などを低減するだけでなく、早期離職率も低下させることに成功しました。
今まで勘と経験で営業予測を行っていた。AIにより、勘や経験に頼らない予測が可能になりました。これにより、特定の人でしかできない業務がなくなり、またより精度の高い営業活動が可能になりました。
業務量予測ができず最適な人員配置ができなかった。複雑な業務量の予測ができるようになり、最適な人員配置が可能になりました。それにより、人件費等のコスト削減が実現できました。