RPAによって可能になること

RPAのメリット

RPAとは、一言でいうならば「自動化」です。特にイメージがしやすいものとして、普段の事務作業があげられます。RPA化が上手に進むとこれらの煩雑で時間のかかる作業がボタン一つで完結させることができます。また、WEB上にあるデータの書き込み・読み込みも自動化可能ですので、幅広く様々な業務に応用できます。

具体的なRPA活用事例

  • 定期的に作成しなければならない資料の自動作成
  • クラウドから自動でデータの読み込み・書き込み
  • WEBデータからのリスト作成を自動化
  • 定期的なフォルダ・ファイル整理の自動化
  • 必要ページの印刷やスクリーンショットを自動化
  • HP、ブログなどの自動更新

RPA作成に必要なこと

RPA作成は一番ハードルが低く、簡単に作成できます。例えば、エクセルに標準装備されているマクロ(VBA)の機能を使用するだけで多くの事務作業のRPA化ができます。コストをかけずに短期間で業務効率を上げることができるので非常におススメです。

導入後のビフォーアフター

BeforeAfter
手作業により、ファイルの整理を行っていた。RPAで自動的にファイルの整理を行うことで作業時間が無くなり、ミス率も無くなりました。3日かかっていた事務作業がボタン一つでできるようになりました。
WEBサイトの情報から手作業でリストを作成していた。RPA化することで、ボタン一つで可能になりました。作業時間やミスの減少はもちろん、面倒な作業が無くなることで従業員のモチベーションも上がりました。
定型の資料を1時間かけて作成RPA化することで、定型資料の作成時間が実質ゼロになり、その他の重要な業務により時間を割くことができるようになりました。
エクセルデータの手入力エクセルデータをRPA化することで、入力ミスを無くし、作業時間を実質0にすることに成功しました。